ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~

ブラックジョークを含むアメリカンジョークを中心に、英語学習の合間に気晴らしで読んできた様々な英語のジョークから面白いネタを選び、日本人の感覚に合うようにアレンジして、日本語で紹介します。欧米の小ばなしにはそのようなものが多いため、ちょっとアダルト系のものも含まれることをご了承ください。笑いやユーモアは心の潤滑油。日常の中の気晴らしのページとしてお楽しみください。

(今日のジョーク)オタクの青年

一人の青年が街を歩いていると、一匹のカエルが飛び出して、青年に向かってこう言った。

 

「私はカエルの姿をしていますが、本当は王女です。もしあなたがキスをしてくれたら、魔法が解け、私は王女に戻れます」。

青年はカエルを拾い上げ、ポケットに入れて、また歩き出した。

 

ポケットの中のカエルは叫んだ。
「私は王女です。もしあなたが私にキスをして、元の姿に戻してくれたら、私はあなたと結婚します」。

青年は笑って、カエルをポケットに入れたまま、再び歩き出した。

 

「聞こえないのですが?私は美しい王女です。もしあなたが私にキスをして、元の姿に戻してくれたら、私はあなたと結婚します。そしてあなたは、不自由のない幸せな暮らしがおくれるでしょう」。

 

青年は立ち止まり、苦笑いしてこう言った。
「あいにく、僕は女性には興味がないんだ。それに、しゃべるカエルの方が珍しくて貴重だよね」