ジョークの花園 ~アメリカンジョークを日本語で~

アメリカンジョーク、ブラックジョークを中心に様々な英語のジョークから面白いネタを選んで、日本人の感覚に合うようにアレンジし、日本語で紹介します。欧米の小ばなしにはそのようなものが多いため、品の良いものだけではないことをご了承ください。面白い一言も紹介します。笑いやユーモアは心の潤滑油。日常の中の気晴らしのページとしてお楽しみください。

(今日のジョーク)無人島と魔法のランプ

乗っていた船が難破し、エミリー、ジェーン、メアリーの3人が絶海の孤島に流されてしまった。3人の女性は仲良く力を合わせ、この無人島でなんとか生き抜いた。

 

そして、6年の月日が流れた。

 

大きなハリケーンが島を通過した翌日、

3人は金色のランプが砂浜に漂着しているのを見つけた。

それは魔法のランプだった。

 

ランプをこすると、アラブ風の恰好をした大きな魔人が現れ、こう言った。

 

魔人:「おまえたちの願いを、ひとりひとつずつ、かなえてやろう」

 

そして、魔人は、3人の女性たちの願いごとを、ひとりずつたずねた。

 

エミリー:「私はもう何年もこの島にいます。なんとか家族の元に帰してください」

 

魔人:「いいだろう。えーい!」

 

こうして魔人が呪文を唱えながら大きく手を振ると、

エミリーは白い煙に包まれ、姿を消した。

 

ジェーン:「私も、もう何年もこの島にいます。家族の元に帰してください」

 

魔人:「いいだろう。えーい!」

 

またしても魔人が呪文を唱えながら大きく手を振ると、
ジェーンも白い煙に包まれ、やはり姿を消した。

 

こうして仲良しだった2人が急にいなくなり、

1人になったあせりと淋しさを感じたメアリーは、

魔人の前で、思わずこうつぶやいた。

 

 

メアリー:「2人ともすぐに戻ってきて」