ジョークの花園 ~アメリカンジョークを日本語で~

アメリカンジョーク、ブラックジョークを中心に様々な英語のジョークから面白いネタを選んで、日本人の感覚に合うようにアレンジし、日本語で紹介します。欧米の小ばなしにはそのようなものが多いため、品の良いものだけではないことをご了承ください。面白い一言も紹介します。笑いやユーモアは心の潤滑油。日常の中の気晴らしのページとしてお楽しみください。

(今日のジョーク)秘密のコスメポーチ

シリコンバレーの起業家として財をなしたジョンは、奥さんの誕生日に皮のコスメポーチをプレゼントしようと思った。

 

ちょうどイタリアに出張に行ったビルは、有名な皮製品の店をいくつか見てあるいた。
しかし、どうもありきたりなものが多かった。

 

そこでジョンは、裏通りを歩き、古い小さな革製品の工房を見つけて入ってみた。

店主:「いらっしゃいませ」

ジョン:「皮のコスメポーチを探しているんだ。妻の誕生日にプレゼントしようと思ってね。ただ、有名なお店をいくつか見たんだが、ありきたりなものしかなくてね。値が張ってもいいから、他には無いような何か特別なものはないかな」

店主:「実は、普段お店には出していないのですが、世界中でうちの工房だけしかつくっていない、とっておきのポーチがあります」

 

店主はそう言うと、店の奥から小さな箱を取り出してきて、開いてみせた。

 

ジョン:「ん?これはどこにでもある普通の皮の小さなポーチにしか見えないが?」

店主:「はい。ぱっとみただけではわかりませんが、このポーチは特別な材料で作られているんです」

ジョン:「特別な材料?」

店主:「はい。実はこれは、男の子の性器の皮だけを集めて作られているのです」

ジョン:「なんと!この小さなポーチは、男の子のあそこの部分の皮でだけ作られているのか!?それは確かに変わっている。でも、どうやってそんな皮を手にいれたんだ?」

店主:「私の古い友人に、ユダヤ教のラビと呼ばれる司祭がおります。ご存知のように、ユダヤ教徒の男子は割礼を受ける必要があります。友人のラビはそうして集まった男の子の性器の皮を、有効に利用してくれるならと、まとめて私にくれたのです」

 

ジョン:「そういうことなのか。しかし、見た目は普通の小さなポーチにしか見えないし、そもそもそれでいったい、何がうれしいのかね?」

 

店主:「こすると、スーツケースになります」