ジョークの花園 ~アメリカンジョークを日本語で~

アメリカンジョーク、ブラックジョークを中心に様々な英語のジョークから面白いネタを選んで、日本人の感覚に合うようにアレンジし、日本語で紹介します。欧米の小ばなしにはそのようなものが多いため、品の良いものだけではないことをご了承ください。面白い一言も紹介します。笑いやユーモアは心の潤滑油。日常の中の気晴らしのページとしてお楽しみください。

(今日のジョーク)パンティ

ケイトと夫のサムは夫婦仲良く郊外の一軒家で暮らしていた。

 

ある日、ケイトが家にいると、玄関のベルが鳴った。

扉を開けると、そこには一人の中年のやせた男が立っていた。

男はケイトに向かってこういった。

 

「あなたは、自分のパンティを持っていますか?」

 

ケイトは驚き、そして怒り、急いで扉を閉めた。

 

翌日、また玄関のベルが鳴った。

ケイトが扉を開けると、昨日のやせた不審な中年男がまた立っていた。

男はケイトに向かってこう言った。

 

「あなたは、自分のパンティを持っていますか?」

 

ケイトは急いで扉を閉めた。

 

その夜、家に帰ってきた夫のサムに、ケイトは2日続けてやってきた不審な男のことについて相談した。

サムは、妻の話を聞き、これは何か手を打たなければと考え、こう言った。

 

「そいつは変態男だな。幸い、明日はオレは忙しくない。上司にメールして休暇をもらうから、その男が来て同じことを言ったらぶっ飛ばしてやることにするよ」

 

翌日、サムはケイトとともに家で過ごした。

すると2人の予想通り、玄関のベルが鳴った。

サムは物陰に隠れて待機し、ケイトが玄関の扉を開けた。

そこには、やはりあの不審な中年男が立っていた。

そして、男はケイトに向かってまた同じことを言った。

 

「あなたは、自分のパンティを持っていますか?」

 

ケイトは物陰に隠れている夫にそっと合図を送りながら、勇気を出して答えた。

「ええ。持っています」

 

不審な男はうなずき、こう続けた。

「やはり、あなたはちゃんとご自分のパンティを持っているのですね。では、あなたのご主人にお伝えください。うちに干してある娘のパンティを持って行かないで下さい、ってね」