ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~

ブラックジョークを含むアメリカンジョークを中心に、英語学習の合間に気晴らしで読んできた様々な英語のジョークから面白いネタを選び、日本人の感覚に合うようにアレンジして、日本語で紹介します。欧米の小ばなしにはそのようなものが多いため、ちょっとアダルト系のものも含まれることをご了承ください。笑いやユーモアは心の潤滑油。日常の中の気晴らしのページとしてお楽しみください。

(今日のジョーク)黒板の落書き

(注)下ネタです。改行を入れておきますので、嫌いな方は、読み飛ばしてください。

 

 

 

若い新任女性教師のキャロラインが、教室に入った。

すると、黒板の真ん中に、小さい字で、「ち〇ぽ」と書かれてあった。

キャロラインはその字を見ると、黒板消しでごしごしこすって消し、授業を始めた。

 

翌日、キャロラインが教室に入ると、

黒板の真ん中に、前日より少し大きな字で、「ち〇ぽ」と書かれてあった。

キャロラインはその字を見ると、やはり黒板消しでしっかりこすって消し、授業を始めた。

 

その翌日、キャロラインが教室に入ると、

黒板の真ん中に、前日よりさらに大きな字で、「ち〇ぽ」と書かれてあった。

キャロラインはその字を見ると、黒板消しで何度もこすって消し、授業を始めた。

 

そのまた翌日、キャロラインが教室に入ると、

黒板の真ん中に、今までよりもさらに大きな字で、「ち〇ぽ」と書かれてあった。

それに加えて、今度はその下に、次のように書かれてあった。


「こすると、でかくなる」