ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~

ブラックジョークを含むアメリカンジョークを中心に、英語学習の合間に気晴らしで読んできた様々な英語のジョークから面白いネタを選び、日本人の感覚に合うようにアレンジして、日本語で紹介します。欧米の小ばなしにはそのようなものが多いため、ちょっとアダルト系のものも含まれることをご了承ください。笑いやユーモアは心の潤滑油。日常の中の気晴らしのページとしてお楽しみください。

(今日のジョーク)小さな亀

森林の奥深く、一匹の小さな亀が、時間をかけて、ゆっくりと木に登った。

木のてっぺんに上った小さな亀は、一度地面を見下ろし、それから首をぐいっと上方へ向けると、前足をばたつかせながら空中にジャンプした。

亀はそのまま地面に落ちた。

 

しかし、小さな亀はあきらめなかった。

もう一度起き上がり、ゆっくりと木に登った。

そして同じく、前足をばたつかせながら空中に飛び出し、そのまま落下した。

小さな亀は、それでもくじけず、何度も木に登っては、空中に飛び出して落下を繰り返した。

 

その小さな亀の様子を、枝にとまったオスとメスの2羽の鳥がじーっと見ていた。

そして、メスの鳥が、オスの方を向いて、こうささやいた。

 

「そろそろ、あの子に本当のことを伝えた方がいいんじゃないかしら?あなたは、実は、養子なんだって」

 

 

 

ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~