ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~

英語のジョークから秀逸なネタを選び、アレンジして日本語でご紹介。ブラックジョークやちょっぴりエロいアダルト系の小ばなしも含まれることをご了承ください。ユーモアは心の潤滑油。気軽にお楽しみください。

(今日のジョーク)ジョニーと先生 教室ジョーク ~第2弾~

(1時間目)
ジョニー:「先生は、何もやってない子を叱ったりしないよね?」

先生:「そりゃそうだ」

ジョニー:「宿題、やってこなかった」

 

(2時間目)

先生:「授業中に、おしゃべりするな!」

ジョニー:「他の人と話をしている途中に話しかけちゃだめ!」

 

(休み時間)

先生:「こら、ジョニー。花瓶を割ったのはお前だろう!ワシントンはな、おまえくらいの齢には、桜の木を切ってしまっても、ちゃんとそのあと自分がやったと言って謝ったんだぞ」

ジョニー:「ワシントンは先生の齢には、大統領だったよ」

 

(3時間目)

先生:「人間には五感というものがあります。モノを見るために目があり、音を聞くために耳があり、味を感じるために舌があり、においを感じるために鼻があります」

ジョニー:「鼻と耳は見るためにも使うよ。メガネをかけるならね」


(4時間目)
先生:「柵の上にとまっている10羽の鳥のうち1羽を撃ち落としたら残りは何羽でしょう?」

ジョニー:「ゼロ」

先生:「はは、10-1は9だから、残りは9羽だよ」

ジョニー:「だから学校の勉強なんて役に立たないんだ。0だよ。鉄砲の音がしたら、みんな逃げるにきまってるじゃないか」

 

 

ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~