ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~

ブラックジョークを含むアメリカンジョークや冗談を中心に、英語学習の合間に読んできた様々な英語のジョークから面白いネタを選び、日本人の感覚に合うようにアレンジして、日本語で紹介します。欧米の小ばなしにはそのようなものが多いため、ちょっとエロいアダルト系のネタも含まれることをご了承ください。笑いやユーモアは心の潤滑油。日常の中の気晴らしのページとしてお楽しみください。

(今日のジョーク)タクシーの運転手

タクシーに乗った客が、黙ったままハンドルを握っている運転手に話しかけようとして、後部座席から運転手の肩を軽くトンとたたいた。

すると、運転手は悲鳴をあげながら震えあがって驚き、タクシーは急ブレーキをかけ、道路の脇でスピンして止まった。

 

客:「わ、悪かったな、運転中に。しかし、ちょっと肩に触れただけでそんなに驚くとは」

運転手:「お客様、すいません。実は私は、今日、タクシーの運転手になったばかりだったので」

客:「あんた、タクシーの運転手をはじめたばかりなのか。そりゃ、慣れるまで大変だな。でも、なんで後ろからちょっと触れただけのことで、そんなに驚くんだ?」

 

運転手:「昨日まで、葬儀屋で霊柩車を運転していたんです」