ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~

ブラックジョークを含むアメリカンジョークや冗談を中心に、英語学習の合間に読んできた様々な英語のジョークから面白いネタを選び、日本人の感覚に合うようにアレンジして、日本語で紹介します。欧米の小ばなしにはそのようなものが多いため、ちょっとエロいアダルト系のネタも含まれることをご了承ください。笑いやユーモアは心の潤滑油。日常の中の気晴らしのページとしてお楽しみください。

(今日のジョーク)ミニスカ女子大生の木登り

(ご注意)例によって、ちょっとエッチな話です。嫌いな方は読み飛ばしてください。

 

 

活発な金髪女性のナタリーは、ミニスカートをはいて大学に行った。

 

一人の男子学生が、彼女に向かって、からかい半分に、キャンパスにある木を指さして、「君はその格好であの木に登れる?」と言ってみた。

ナタリーは、負けん気を出し、「もちろん」と返事をして、その木に登ってみせた。

下から見ている男の学生には、木に登るナタリーのミニスカートの中が丸見えになった。

 

家に帰り、ナタリーはその話を母親にした。

母親は、彼女に向かって、「おお、ナタリー。その男の子は、あなたのパンティを見たかっただけなのよ!」と忠告した。

 

翌日、ナタリーは、またミニスカートをはいて大学に行った。

昨日の男子学生がやってきて、今度はより高い別の木を指さし、「君はその格好であの木に登れる?」と言った。

ナタリーは再び負けん気を出して、その木に登った。

下から見ている男子学生には、木に登るナタリーのミニスカートの中が、またしても丸見えになった。

 

家に帰り、ナタリーは、その話を母親にした。

母親は、彼女に向かって、「ナタリー、昨日言ったでしょう?その男の子は、あなたのパンティを見たかっただけなのよ!」と、改めて忠告した。

 

ナタリーは反論した。

「おかあさん、大丈夫よ。今日はその手にひっかからないように、パンティをはかなかったの」

 

 

ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~