ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~

英語のジョークから秀逸なネタを選び、アレンジして日本語でご紹介。ブラックジョークやちょっぴりエロいアダルト系の小ばなしも含まれることをご了承ください。ユーモアは心の潤滑油。気軽にお楽しみください。

(今日のジョーク)出産適齢期

小学2年生の教室で、女の子のケイトが、先生に質問をしている。

 

ケイト:「先生、あたしのお母さんって、赤ちゃんつくれる?」

先生:「おかあさんの齢はいくつ?」

ケイト:「40歳」

先生:「その年齢だったら、まだ大丈夫ね。できるわよ」

 

ケイト:「あたしのお姉ちゃんは、赤ちゃんつくれる?」

先生:「お姉ちゃんの齢はいくつ?」

ケイト:「19歳」

先生:「そうね。できるわよ」

 

ケイト:「じゃあ先生、あたしは、赤ちゃんつくれる?」

先生:「ケイト、あなたの齢はいくつ?」

ケイト:「7歳」

先生:「まだ、無理ね」

 

すると、ケイトの後ろの席のジョニーが、にこにこしながら、彼女を突っついた。

 

ジョニー:「ほら、だから大丈夫だって、言っただろ」

 

 

ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~