ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~

ブラックジョークを含むアメリカンジョークや冗談を中心に、英語学習の合間に読んできた様々な英語のジョークから面白いネタを選び、日本人の感覚に合うようにアレンジして、日本語で紹介します。欧米の小ばなしにはそのようなものが多いため、ちょっとエロいアダルト系のネタも含まれることをご了承ください。笑いやユーモアは心の潤滑油。日常の中の気晴らしのページとしてお楽しみください。

(今日のジョーク)出産適齢期

小学2年生の教室で、女の子のケイトが、先生に質問をしている。

 

ケイト:「先生、あたしのお母さんって、赤ちゃんつくれる?」

先生:「おかあさんの齢はいくつ?」

ケイト:「40歳」

先生:「その年齢だったら、まだ大丈夫ね。できるわよ」

 

ケイト:「あたしのお姉ちゃんは、赤ちゃんつくれる?」

先生:「お姉ちゃんの齢はいくつ?」

ケイト:「19歳」

先生:「そうね。できるわよ」

 

ケイト:「じゃあ先生、あたしは、赤ちゃんつくれる?」

先生:「ケイト、あなたの齢はいくつ?」

ケイト:「7歳」

先生:「まだ、無理ね」

 

すると、ケイトの後ろの席のジョニーが、にこにこしながら、彼女を突っついた。

 

ジョニー:「ほら、だから大丈夫だって、言っただろ」

 

 

ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~