ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~

英語のジョークや冗談から秀逸なネタを選び、アレンジして日本語でご紹介。ブラックジョークやちょっぴりエロいアダルト系の小ばなしも含まれることをご了承ください。ユーモアは心の潤滑油。お気軽に、お楽しみください。

(今日のジョーク)ピカピカの教会

金持ちが多く住む高級住宅街の近くに、新しい教会が建てられた。

できたばかりのその教会はピカピカの立派な建物で、近所の金持ちやセレブがたくさん祈りにやってきた。

 

そこへ、一人のみすぼらしい格好のおじいさんがやってきた。

そして、「ワシをこの中に入れてもらえませんか」と言った。

警備員を兼ねた入口の案内係たちは、ボロボロの服を着たその年寄りを見て、「ここはお前のような汚い人間の来るところじゃない」と、追い返した。

 

ところが、翌日もそのおじいさんは現れた。

そして、やはり中に入れて欲しいとお願いしてきた。

案内係たちは、こんな貧しい身なりの老人を中に入れるわけにはいかないと、改めて断った。

 

しかし、さらにその翌日も、そのボロをまとったおじいさんはしつこく現れた。

案内係たちは、また追い返し、「もう二度と来ないように」と、念押しした。

 

そのあくる日、今度は、別のホームレスの男がその教会の入口に現れた。

ホームレスは、「この教会の中に入れてもらえませんか」と嘆願した。

案内係たちは、きっぱりと入場を拒んだ。

 

ホームレスの男は、困った表情を浮かべて言った。

 

男:「そこをなんとか、中にいれてもらえませんかねえ」

案内係:「ここはお前のような薄汚い身なりの者が来る場所ではない。帰んな」

 

男:「弱ったな。。。実は、頼まれたんです」

 

案内係:「誰に?」

 

男:「今朝、目が覚めて、いつものように川辺で祈っていたんです。すると、神様が現れて、『あの新しい教会の中がどうなっているのか見てきてほしい。ワシも行って中に入ろうとしたんだが、3日続けて断られてしまったんじゃ』と」

 

 

ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~