ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~

ブラックジョークを含むアメリカンジョークや冗談を中心に、英語学習の合間に読んできた様々な英語のジョークから面白いネタを選び、日本人の感覚に合うようにアレンジして、日本語で紹介します。欧米の小ばなしにはそのようなものが多いため、ちょっとエロいアダルト系のネタも含まれることをご了承ください。笑いやユーモアは心の潤滑油。日常の中の気晴らしのページとしてお楽しみください。

(今日のジョーク)冷たいのと暖かいの

(ご注意)アダルトネタです。嫌いな方は、読み飛ばしてください。

 

 

 

3人の金髪美女が、スターバックスでコーヒーを飲みながら、互いのボーイフレンドについて話している。

 

サマンサ:「ビリーのキン〇マって冷たいの」

 

リンダ:「あら、リチャードのキン〇マも冷たいわよ」

 

メグは2人の会話を黙って聞いていた。

 

サマンサ&リンダ:「メグの彼氏はどうなの?」

 

メグ:「それが。。。あたし、クリスのキン〇マに触ったことがないの」

 

サマンサ&リンダ:「え!たまにはサービスした方がいいわよ。でないと、そのうち、逃げられちゃうかもよ」

 

メグはそれを聞いて焦った。

 

翌週、3人はまた同じスターバックスで会った。

 

サマンサ&リンダ:「メグ、どうだった?」

 

メグ:「それが。。。クリスと別れちゃったの」

 

サマンサ&リンダ:「え!どうして」

 

メグ:「昨日、デートのときに、クリスのあそこに触ってみたの。そしたら暖かかったの」

 

サマンサ&リンダ:「それで?」

 

メグ:「クリスに言ったの。『あら、ビリーやリチャードのキン〇マとは違うのね』って」

 

 

 

ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~