ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~

ブラックジョークを含むアメリカンジョークや冗談を中心に、英語学習の合間に読んできた様々な英語のジョークから面白いネタを選び、日本人の感覚に合うようにアレンジして、日本語で紹介します。欧米の小ばなしにはそのようなものが多いため、ちょっとエロいアダルト系のネタも含まれることをご了承ください。笑いやユーモアは心の潤滑油。日常の中の気晴らしのページとしてお楽しみください。

(今日のジョーク)ミュージシャンたちの世界 ~その2~

(その1)

Q ビオラとバイオリンの違いは?

A ビオラの方が長く燃える。

 

Q チェロの音を、もっと美しくするにはどうすればいいか?

A チェロを売って、そのお金でバイオリンを買う。

 

Q コントラバスと棺の違いは?

A 中に人が入るかどうか。

 

Q どうしてピアノは、開けるのが難しいのか?

A  たくさんキーがあるから。 

 

 

(その2)

オーケストラでバイオリンを弾いている夫婦が、クルマで移動していた。

信号待ちのとき、バイオリンのケースを持った女性が交差点を渡った。

 

妻: 「あの女性は、きっと音痴よ」

 

夫: 「なんで、そんなことがわかるんだい?」

 

妻: 「バイオリニストは、みんな音痴だから」

 

 

(その3)

マンションの2階に住んでいる家族に、ピアノの調律師がやってきた。

奥さんが、不思議に思いながら、扉を開けた。

 

調律師:「音が外れていて気持ち悪いというご依頼がありましたので、ピアノの調律に来ました」

 

婦人:「何かの間違いでは?うちは、調律なんて、頼んだ覚えはありませんが?」

 

調律師:「いいえ。下の階に住んでいる音楽家の方からです」

 

 

ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~

 

coldsnapmisc.hatenablog.com