ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~

ブラックジョークを含むアメリカンジョークや冗談を中心に、英語学習の合間に読んできた様々な英語のジョークから面白いネタを選び、日本人の感覚に合うようにアレンジして、日本語で紹介します。欧米の小ばなしにはそのようなものが多いため、ちょっとエロいアダルト系のネタも含まれることをご了承ください。笑いやユーモアは心の潤滑油。日常の中の気晴らしのページとしてお楽しみください。

(今日のジョーク)無人島の男

豪華クルーズ船が、無人島の近くを通りかかった。

 

そのとき、たまたまデッキに出ていた乗客の一人が、無人島に人影を見つけた。

 

人影は、ボロボロの服を着た男だった。

 

男は砂浜を走りながら、クルーズ船に向かって、必死に手を振っている。

 

乗客はすぐに船内に戻り、船長に報告した。

 

「船長!あの無人島に人がいて、こちらに向かって手を振っているんです!!」

 

船長は、めんどくさそうに答えた。

 

「毎年ここを通る度、彼はいつもあんなふうにするんですよ」

 

 

ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~