ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~

英語のジョークから秀逸なネタを選び、アレンジして日本語でご紹介。ブラックジョークやちょっぴりエロいアダルト系の小ばなしも含まれることをご了承ください。ユーモアは心の潤滑油。気軽にお楽しみください。

(今日のジョーク)効率的なレストラン

(ご注意)少々下品なネタです。改行をいれておきますので、嫌いな方は、読み飛ばしてください。

 

 

 

一人の男が、レストランに入った。

空いていたテーブルに座るとき、男は誤って肘でスプーンに触れ、床に落としてしまった。

 

すると、すかさず、近くにいたウェイターが、ポケットからきれいなスプーンを出し、テーブルの上に置いた。

 

その素早く的確な行動に、男は感銘を受け、話しかけた。

 

男:「これは驚いた。ここのウェイターは、みんな、ポケットにスプーンを入れているのかね?」

 

ウェイター:「はい、そうです。このレストランは効率性を重視しており、様々な工夫をしています。スプーンについても、普段からこうしてポケットに入れておけば、このような場合でも、いちいちスプーンを取りに戻る必要がありませんから」

 

男は感心しながらうなずき、やがて、運ばれてきた料理を食べた。

 

食事を終えた男は、支払いのため、さっきのウェイターを呼んだ。

 

男:「おいしかったよ。ところで、あなたの服の腰のあたりにヒモがついているが、それはなんだい?」

 

ウェイター:「ああ、このヒモですか?これも効率よく仕事ができるようにする工夫です。このおかげで、トイレに行ったとき、手を洗う必要がないのです」

 

男:「え?トイレに行ったときに、手を洗う必要がない?」

 

ウェイター:「はい、そうです。このヒモの先は、私のあそこに結んであります。ズボンのチャックを下ろし、このヒモを引っ張ると、直接手を触れることなくズボンから取り出して用が足せるのです」

 

男:「な、なんと。でも、戻すときはどうするのかね?」

 

ウェイター:「他のウェイターがどうしているかは知りませんが。。。私はスプーンを使っています」

 

 

ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~