ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~

ブラックジョークを含むアメリカンジョークを中心に、英語学習の合間に気晴らしで読んできた様々な英語のジョークから面白いネタを選び、日本人の感覚に合うようにアレンジして、日本語で紹介します。欧米の小ばなしにはそのようなものが多いため、ちょっとアダルト系のものも含まれることをご了承ください。笑いやユーモアは心の潤滑油。日常の中の気晴らしのページとしてお楽しみください。

(今日のジョーク)雨の日と裸の男

ある雨の日、ひとりの男が、その家の主人が留守中に人妻と情事にふけっていた。

そのとき、玄関でベルの音がした。

 

人妻は驚き、「やばい、夫が帰ってきた!あの人、銃を持っているのよ。見つかったら2人も殺されちゃう!その窓から、さっさと逃げて!」と、男をせかした。

 男は慌てて、裸のまま着るものを抱え、窓から飛び出して雨の中を走って逃げた。

 

たまたまパトカーで巡回中の警官が、雨の中を裸で走っている男に気づいて呼び止めた。

 警官は、素っ裸で服を抱えている男の姿をじろじろ見ながら、職務質問をした。

 

警官:「あなたは、どうしてこんなところを、すっ裸で走っているのかな?」

男:「いや、その、こうして裸でジョギングをしていると、自由を感じることができるんです」

 

警官:「ほう。では、わきの下に抱えている服はなんですか?」

男:「ジョギングが終わったらちゃんと服を着ようと思って、こうして持ち運んでいるんですよ」

 

うさん臭そうに裸の男を見ながら、警官はさらに尋ねた。

警官:「なるほど。で、コンドームをつけているのはなぜですか?」

 

男:「雨に濡れないようにと思って」