ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~

ブラックジョークを含むアメリカンジョークを中心に、英語学習の合間に気晴らしで読んできた様々な英語のジョークから面白いネタを選び、日本人の感覚に合うようにアレンジして、日本語で紹介します。欧米の小ばなしにはそのようなものが多いため、ちょっとアダルト系のものも含まれることをご了承ください。笑いやユーモアは心の潤滑油。日常の中の気晴らしのページとしてお楽しみください。

(今日のジョーク)鉄分の補給

(ご注意)下ネタです。嫌いな方は、読み飛ばしてください。

 

 


3人の男の子を持つ母親が、初めて息子たちを健康診断に連れていった。

ひと通りの検査を受けた後、医者が健診結果を伝えた。

 

医師:「3人の息子さんは健康そのものです。ただ、鉄分が不足しているようです。サプリで補給してあげてください」

 

母親はそのアドバイスを聞き、

帰りに工具屋に寄って、鉄のベアリング球を買った。

そして、3人の食事に混ぜてみた。

 

翌日、3人の息子たちは次々異常を訴えた。

 

三男:「お母さん、おしっこしたら鉄の球が出てきた!」

 

母親:「おや。心配しなくていいのよ。鉄分が不足していると言われたから、ベアリングの球を食事に混ぜてみたの」

 

次男:「お母さん、オレもおしっこしたら鉄の球が出てきた!」

 

母親:「それは食事に、ベアリングの球を混ぜたからよ」

 

最後に、長男がやってきた。

 

長男:「お母さん、信じられないことが起きた!」

 

母親:「お前も、おしっこにベアリングの球が混じっていたのかい?」

 

長男:「裏庭でオナ〇ーしたら、犬を銃撃してたんだ」

 

 

 

ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~

 

(今日のジョーク)恋人自慢


恋人が出来たルークが、うれしそうに、彼女の写真を友人のオーウェンに見せている。

 

ルーク:「ほら。この写真を見てくれよ。オレの彼女って、きれいだと思わない?」

 

オーウェン:「うーん。きみが本当にそう思っているんだったら、オレのガールフレンドを紹介するよ」

 

ルーク:「君の彼女は、そんなにきれいなのかい?」

 

オーウェン:「いや。眼科医なんだ」

 

 

 

ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~

 

(今日のジョーク)交通事故の原因調査

ひどい交通事故だった。

クルマに乗っていた若い男女は即死だった。

 

警官が駆け付け、クラッシュしたクルマを調べ始めた。

 

すると、草むらから一匹の猿が飛び出してきた。

 

警官:「お前はこの事故の一部始終を見てたのかな。お前が言葉を理解できれば、事故原因の調査は楽で済むのに」

 

猿は、警官の方を見上げ、うなずいた。

 

警官:「え!お前、もしかして、言葉がわかるのか?」

 

猿は、再びうなずいた。

 

警官:「おまえ、この事故が起きるところを見てたのか?」

 

猿は、また、うなずいた。

 

警官:「一体、何があったんだ?」

 

猿は、右手で缶を持ち、それを口に運ぶ真似をした。

 

警官:「この被害者たちは、ビールを飲んでいたのか?」

 

猿は、うなずいた。

 

警官:「他に何があったんだ?」

 

猿は、今度は、指を二本クロスさせ、口で何かを吸う真似をした。

 

警官:「この男女は、ドライブ中に、マリファナも吸っていたのか!」

 

猿は、うなずいた。

 

警官:「他に何か情報はないか?」

 

猿は、セッ〇スをする恰好をした、

 

警官:「え!この被害者たちは、クルマの中でセッ〇スもしてたのか」

 

猿は、うなずいた。

 

警官:「で、おまえは、そのとき、何してたんだ?」

 

猿は、アクセルを踏む格好をした。

 

 

 

ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~

 

(今日のジョーク)高級老人ホームの4人の約束

高級老人ホームに仲が良い4人の老人たちがいた。


彼らは、元社長、元医者、元大学教授、そして元弁護士だった。

 

4人は、彼らのうち誰かが死んだら、天国に行ったときに困らないよう、葬儀のときに棺に1000ドルずつ入れてあげる、という約束をした。

 

ある日、元教授が亡くなった。

 

葬儀が執り行われ、3人は友人に別れを告げるため、棺に近寄った。

 

まず、元社長が、約束通り100ドル札を10枚、棺に入れた。

 

次いで、元医者が、やはり100ドル札を10枚、棺に入れた。

 

最後に弁護士が棺に近寄った。

 

彼は、棺に入っている100ドル札20枚を取り出した。

 

そして、小切手を取り出し、「3000ドル」と書いて棺に入れた。

 

 

 

ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~

 

(今日のジョーク)金髪美女ミニジョーク x4本

(その1)

2人の金髪美女が、洞窟の中で話をしている。

 

ブロンドA:「ここって、暗くない?」

ブロンドB:「どうかしら?何も見えないから、わからないわ」

 

 

(その2)

2人の金髪美女が、クリスマスの予定について話している。

 

ブロンドA:「今年のクリスマス・イブは金曜日なんだって」

ブロンドB:「え!まさか13日じゃないよね?」

 

 

(その3)

金髪美女が、死にたい、と言っている人の相談にのっている。

 

「自殺なんてしちゃダメ!あたし、やってみたことあるんだけど、もうちょっとで死にそうだったんだから」

 

 

(その4)

教養を身につけたいと思った金髪美女が、

図書館で分厚い本を見つけて借りた。

 

しかし、しばらくして、怒りながら返却した。

 

「これって、ひどい本ね。人の名前ばかりで、筋書きが無いの」

 

図書館の担当者は、困った顔で答えた。

 

「そちらは電話帳です」

 

 

 

ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~