ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~

ブラックジョークを含むアメリカンジョークを中心に、英語学習の合間に気晴らしで読んできた様々な英語のジョークから面白いネタを選び、日本人の感覚に合うようにアレンジして、日本語で紹介します。欧米の小ばなしにはそのようなものが多いため、ちょっとアダルト系のものも含まれることをご了承ください。笑いやユーモアは心の潤滑油。日常の中の気晴らしのページとしてお楽しみください。

(今日のジョーク)魔人と願いごと ~アダルト編~

35歳になったジュディは、健康のためにゴルフをはじめることにした。

 

しかし、ある日、彼女がゴルフ場でティーショットをすると、

ボールが大きくそれてしまい、

クラブハウスの窓ガラスを割って中に入ってしまった。

 

ジュディが、しまった、と思いながらボールを取りにクラブハウスの中に入ると、

ゴルフボールがテーブルの上にあった金色のランプに当たったらしく、

そのランプが床に転がっていた。

そしてそこには、異国風の服を着た白いひげの男が立っていた。

 

魔人:「ワシは魔人じゃ。おまえの望みをひとつ、かなえてやろう」

 

ジュディ:「それでは、100歳まで美しさを保ったまま生きられるようにしてください!」

 

魔人:「いいだろう。ただし、ひとつ条件がある。願いをかなえるには、あなたのおっぱいを触らせてもらう必要がある」

 

ジュディは一瞬ためらった。

しかし、100歳まで美しさを保ったまま生きられるのであれば仕方ない、と思い直し、うなずいた。

 

魔人は、さっそく、彼女のポロシャツの上から胸に触れ、

次いでブラジャーの下に手を入れておっぱいをもみ、乳首をもてあそんだ。

 

やがて、魔人は満足そうに、手を離した。

 

そして魔人はその場を離れながら、

クラブハウスの出口に近づくと立ち止まり、振り返って尋ねた。

 

魔人:「ところで、失礼ながら、あなたは何歳かね?」

 

ジュディ:「35歳です」

 

魔人:「なるほど。その年齢で、魔人がいるなんて、まさか本気で信じていないよな?」