ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~

ブラックジョークを含むアメリカンジョークや冗談を中心に、英語学習の合間に読んできた様々な英語のジョークから面白いネタを選び、日本人の感覚に合うようにアレンジして、日本語で紹介します。欧米の小ばなしにはそのようなものが多いため、ちょっとエロいアダルト系のネタも含まれることをご了承ください。笑いやユーモアは心の潤滑油。日常の中の気晴らしのページとしてお楽しみください。

(今日のジョーク)ジョンの3つの願い

ジョンは政府機関に務める役人だった。

 

ある日、オフィスで退屈していたジョンは、気晴らしに資料室へ行った。

そして、キャビネットに保管されいる昔の資料を探りはじめた。

 

すると、棚の上から、小さな古ぼけたランプが落ちてきた。

鈍く光る骨董品のようなランプにひかれたジョンは、それを自宅に持ち帰った。

 

家に戻り、ジョンは布でランプのほこりをとり、ていねいに表面を磨いた。

すると、ランプの口から白い煙が上がり、魔人が出てきた。

 

魔人:「よくこのランプを見つけてくれました。お礼に3つの願いをかなえましょう」

ジョン:「(半信半疑で)本当か?じゃあ、とりあえず、冷たいペプシコーラを出してみてくれ」

魔人:「お安い御用です」

 

魔人はなにやら呪文をつぶやいた。

ふと見ると、ジョンの前のテーブルに、よく冷えたペプシコーラがあった。

 

魔人:「どうです?信じていただけましたか。願いごとはあと2つです」

ジョン:「す、すばらしい。本当だったのか。じゃあ、美人のいる、温かい南の島に連れていってくれ」

 

魔人はにっこり笑うと、また呪文を唱えた。

気が付くと、ジョンは南の島の砂浜で、美しい女性の隣に座っていた。

 

魔人:「ご満足いただけましたか?さあ、願いごとはいよいよ次で最後です」

ジョン:「よし。じゃあ、仕事をしなくても、給料がもらえるようにして欲しい」

魔人:「おやすい御用です!」

 

魔人は微笑むと、また呪文を唱え、そして消えた。

 

ふと気が付くと、ジョンはいつものお役所の机にいた。