ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~

英語のジョークから秀逸なネタを選び、アレンジして日本語でご紹介。ブラックジョークやちょっぴりエロいアダルト系の小ばなしも含まれることをご了承ください。ユーモアは心の潤滑油。気軽にお楽しみください。

(今日のジョーク)美人秘書の誘い

ジョージはいつものように起きて、会社に向かった。

 

彼はちょうど45歳の誕生日だった。

美人秘書のベスはそのことを覚えており、お昼休みに会社の近くにある彼女のアパートで簡単な手料理をごちそうすると言い出した。

 

その日、ジョージはそれほど忙しくなかった。

何より、美人のベスの申し出とあって、喜んで彼女のアパートへ行くことにした。

 

ベスはアパートに着くと、準備してあった材料を手早く調理して軽食を作った。

ジョージはベスの膨らんだ胸と白い肌をちらちら見ながら食事をした。

 

ランチが終わり、ベスはジョージにウインクしてこう言った。

 

「今日は、あなたに大切なものをあげる!着替えるから、3分したら寝室に来て」

 

彼女は魅力的なボディラインを見せながら、寝室に向かった。

そして、振り返ってニッコリ笑い、寝室のドアを閉めた。

 

ジョージは一気に胸が高鳴った。

興奮を押さえながら3分待ち、ジョージは勢いよく寝室のドアを開けた。

 

「誕生日おめでとう!」

 

そこには、パーティドレスに着替えたベスと共に、プレゼントを抱えたジョージの妻と子供がいた。

 

ジョージは、すっ裸で、ぼう然と立ち尽くしていた。

 

 

ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~