ジョークの花園 ~笑える面白いアメリカンジョークを日本語で~

ブラックジョークを含むアメリカンジョークや冗談を中心に、英語学習の合間に読んできた様々な英語のジョークから面白いネタを選び、日本人の感覚に合うようにアレンジして、日本語で紹介します。欧米の小ばなしにはそのようなものが多いため、ちょっとエロいアダルト系のネタも含まれることをご了承ください。笑いやユーモアは心の潤滑油。日常の中の気晴らしのページとしてお楽しみください。

(今日のジョーク)洗剤と猫

8歳のジョニーが、近所の雑貨屋で特価品の強力洗剤を買おうとレジに向かった。

 

店主:「やあ、ジョニー。それで何を洗うんだい?」

 

ジョニー:「うちの猫さ」

 

店主:「猫だって?それは猫を洗うための洗剤じゃないぞ」

 

ジョニー:「大丈夫さ。おカネはここに置いておくよ」

 

ジョニーは店主の忠告を無視してその洗剤を買い、店を出て行った。

 

数日後、ジョニーと店主は街中でばったり出会った。

 

店主:「やあ、ジョニー。猫の様子はどうだい?あの洗剤は強力だからね。本当にあれで洗ったのかね?ちょっと気になっているんだ」

 

ジョニー:「猫は死んだよ」

 

店主:「え!やっぱり。だから、あの洗剤は猫を洗うためのものじゃないって言っただろう」

 

ジョニー:「洗剤のせいじゃないよ。乾燥機に入れたのがいけなかったんだ」

 

 

ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~