ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~

英語のジョークや冗談から秀逸なネタを選び、アレンジして日本語でご紹介。ブラックジョークやちょっぴりエロいアダルト系の小ばなしも含まれることをご了承ください。ユーモアは心の潤滑油。お気軽に、お楽しみください。

(今日のジョーク)幽霊の本

蒼白なくらい色白の美女が、ニューヨークからロンドンに向かう旅客機の窓際の席に座り、本を開いて読んでいる。

 

旅客機は離陸し、やがて安定飛行に入った。


美女の隣の席に座っていた紳士が、退屈しのぎに、女性と本を横目で見ながら話しかけた。

 

「おや、それは幽霊が主役の本ですな。失礼ながら、よくそんな本を読めますな。幽霊なんて子供だまし。そう思いませんか?」

 

美女は表情を変えず、何も答えなかった。

 

そして、その場で、すーっと、消えた。

 

 

ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~