ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~

ブラックジョークを含むアメリカンジョークや冗談を中心に、英語学習の合間に読んできた様々な英語のジョークから面白いネタを選び、日本人の感覚に合うようにアレンジして、日本語で紹介します。欧米の小ばなしにはそのようなものが多いため、ちょっとエロいアダルト系のネタも含まれることをご了承ください。笑いやユーモアは心の潤滑油。日常の中の気晴らしのページとしてお楽しみください。

(今日のジョーク)2匹のリスと落ちていた木の実

2匹のリスが森を歩いていた。

 

1匹目が叫んだ。

 

「あそこにおいしそうな木の実がある!」

 

すると、2匹目が走ってその木の実を手に取り、叫んだ。

 

「これはオレがもらった」

 

1匹目は怒鳴った。

 

「ちょっと待った!その木の実は、オレが最初にみつけたんだぞ」

 

2匹目のリスは、反論した。

 

「でも、拾ったのはオレだ!」

 

2匹は口論になり、互いに譲らなかった。

 

そこに弁護士のリスが通りかかった。

 

弁護士のリスは2匹の言い分にじっくり耳を傾けた。

 

そして、木の実を半分に割り、2匹で均等に分けるように提案した。

 

2匹は仕方ない、とうなずいた。

 

合意が成立すると、弁護士のリスは、示談の成立を宣言した。

 

そして、木の実の実の部分を取り出し、

「これは弁護料な」と言いながら、

2つに割ったカラだけ残して、どこかへ行ってしまった。

 

 

ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~