ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~

ブラックジョークを含むアメリカンジョークを中心に、英語学習の合間に気晴らしで読んできた様々な英語のジョークから面白いネタを選び、日本人の感覚に合うようにアレンジして、日本語で紹介します。欧米の小ばなしにはそのようなものが多いため、ちょっとアダルト系のものも含まれることをご了承ください。笑いやユーモアは心の潤滑油。日常の中の気晴らしのページとしてお楽しみください。

(ジョークリバイバル)100階のバー

高層ビルの100階にある高級バーのカウンターに一人の男が座り、ウイスキーを注文した。

 

男は目の前に置かれたウイスキーを静かに飲み干すと、突然、窓を開けてグラスを外へ放り投げた。

 

続けて男は、なんと!自分もその窓から身を投げてしまった。

 

それを近くで見ていた初老の紳士が、「大変だ!」と叫んだ。

 

しかし、しばらくして、窓から身を投げたはずの男が、グラスを持って平然と戻ってきた。

 

紳士はびっくりして男に尋ねた。

 

「あなたは、さっき、グラスを窓から捨て、さらに身を投げましたよね?ここは100階ですよ!」

 

男はうなずくと、また同じことをやり、今度はそのまま宙に浮いてみせた。

 

そして、微笑みながら手を広げ、こう言った。

 

「このビルは不思議な構造でね。ほら、この通り!外に飛び出しても宙に浮くんだ」

 

紳士はそれを見て、自分も窓から飛び出してみた。

 

しかし、紳士の方は宙に浮くことはなく、そのまま落下してしまった。

 

一方、男の方はバーのカウンターに戻って、また平然とウィスキーを注文して飲みはじめた。

 


この一連のやりとり見ていたバーテンダーが、カウンターの向こうで、ため息をつきながら男に言った。

 

「相変わらず酒癖が悪いですな、スーパーマン」

 

 

 

ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~