ジョークの花園 ~アメリカンジョークを日本語で~

アメリカンジョーク、ブラックジョークを中心に様々な英語のジョークから面白いネタを選んで、日本人の感覚に合うようにアレンジし、日本語で紹介します。欧米の小ばなしにはそのようなものが多いため、品の良いものだけではないことをご了承ください。面白い一言も紹介します。笑いやユーモアは心の潤滑油。日常の中の気晴らしのページとしてお楽しみください。

(今日のジョーク)人工知能搭載のロボット

お題「人工知能(AI)の進歩で世の中はどう変わるか?」

 

会社員のベンは妻のケイトと息子のジョニーの3人で暮らしていた。


会社が休みの日にネットサーフィンをしていたベンはある日、Amazonで最新式の人工知能技術に基づく「ウソ発見器」を搭載したロボットが売られているのを見つけた。興味を持ったベンは、そのロボットを注文した。ロボットは数日後にドローンで配達されて、ベンの家に届いた。

ベンは早速、この人工知能を搭載した「ウソ発見器」のロボットを試してみようと思った。そして、家族3人そろった夕食の時間に、このロボットをテーブルの上に置いた。

ジョニー:「パパ、これは何?」

ベン:「ああ、これは人工知能を搭載したウソ発見器のロボットさ。最新の機械学習技術で作られていて、ウソを検出すると、ウソをついた人を、ピシャリと叩いて注意するんだ」

ケイト:「へえ、面白そうね」

ベン:「ところで、ジョニー、今日はちゃんと宿題やったか?」

ジョニー:「うん、やった」

この会話を聞いて、ロボットは突然動き出した。

そして、息子のジョニーをピシャリと叩いた。

ジョニーは慌てて白状した。

ジョニー:「まだやってない。後でやるよ」

ケイト:「ところで、ジョニー、今日、お友達のお家では何をしていたの?」

ジョニー:「ケーブルテレビで映画を見ていた」

ケイト:「へえ。どんな映画を見ていたの?」

ジョニー:「トイ・ストーリー」

この会話を聞いて、ロボットは再び動き出し、またしてもジョニーをピシャリと叩いた。

ジョニーはまた慌てて白状した。

ジョニー:「本当は、エロビデオ見てた」

ベン:「ジョニー、おまえはそんなもの見てたのか。パパがおまえくらいの年齢には、エロビデオなんて見たことはなかったぞ!」

この発言を聞いて、ロボットは再び動き出し、

父親のベンをピシャリと叩いた。

それを見ていた妻のケイトは笑い転げた。

ケイト:「さすが、血のつながった親子ね」

この発言に、ロボットはランプを点滅させて激しく反応しながら動き出し、今度はケイトをピシャリと叩いた。