ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~

ブラックジョークを含むアメリカンジョークや冗談を中心に、英語学習の合間に読んできた様々な英語のジョークから面白いネタを選び、日本人の感覚に合うようにアレンジして、日本語で紹介します。欧米の小ばなしにはそのようなものが多いため、ちょっとエロいアダルト系のネタも含まれることをご了承ください。笑いやユーモアは心の潤滑油。日常の中の気晴らしのページとしてお楽しみください。

(今日のジョーク)高給のアルバイト

失業中のスティーブは、仕事を求めてネットで求人サイトを検索していた。

 

すると、動物園で高給の仕事を募集しているのを見つけた。

 

ただ、仕事の内容がよくわからない。

 

とりあえず、彼は、ネットで応募書類を送り、動物園で面接を受けた。

 

スティーブ:「時給50ドルとあったので、応募しました。一体どういう仕事ですか?」

 

面接官:「これは絶対に秘密なんだが、実は、この動物園で人気のあったチンパンジーが先日亡くなってしまった。その影響で客足も落ち込み始めた。そこで、君にチンパンジーの格好をして、代わりをやってほしんだ」

 

スティーブは仕事の内容を聞いて、ショックを受けた。

しかし、高給に惹かれ、引き受けることにした。

 

彼は、翌日から、毛皮とお面をかぶり、チンパンジーになりきった。

 

訪れる客は、中にスティーブが入って演じているとは気づかない。

新入りのチンパンジーはたちまち動物園の人気者になった。

 

そうしてようやく仕事に慣れてきたある日。

 

いつものように高いロープをつたって愛嬌を振りまいていたとき、スティーブは手を滑らせてしまい、ライオンの檻の中に落ちてしまった。

 

一匹のライオンが、チンパンジーが落ちてきたのを見つけ、目を光らせて近づいてくる。


スティーブは半泣きになりながら、大声で叫んだ。

 

「た、助けてくれー!!」

 

それを聞いたライオンは、スティーブに襲いかかった。

 

そして、スティーブを押さえつけると、耳元でささやいた。

 

「静かにしろ!でないと、俺たち失業しちゃうぞ」

 

 

 

ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~

 

www.coldsnap.site