ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~

ブラックジョークを含むアメリカンジョークや冗談を中心に、英語学習の合間に読んできた様々な英語のジョークから面白いネタを選び、日本人の感覚に合うようにアレンジして、日本語で紹介します。欧米の小ばなしにはそのようなものが多いため、ちょっとエロいアダルト系のネタも含まれることをご了承ください。笑いやユーモアは心の潤滑油。日常の中の気晴らしのページとしてお楽しみください。

(今日のジョーク)ファースト・クラスの客

一人の金髪美女が、ニューヨーク発ロンドン行きの飛行機に乗った。


彼女は、機内を見て回り、ファースト・クラスの席が空いているのを見つけ、すかさずそこに座った。

 

やがて、客室乗務員がやってきて、彼女のチケットを確認した。

 

「お客様、こちらはファースト・クラスです。お客様のお席は、エコノミー・クラスですので、そちらに移っていただけますか?」

 

金髪美女は、首を横に振った。

 

「別にいいじゃない。この席、空いているんでしょう?ロンドンまでここにいるわ」

 

金髪美女は、開き直って応じない。

 

その様子を見ていた近くの席の男が、客室乗務員に耳打ちした。

 

「私が説得してみましょう」

 

そして、男は、金髪美女のところへ行き、何か話をした。

 

すると、彼女は笑顔でうなずき、礼を言って、さっさとエコノミー・クラスへ移動した。

 

客室乗務員は男に感謝すると同時に、少し驚いてたずねた。

 

「あ、ありがとうございます。おかげで助かりました。でも、どうやってあの女性を説得したのですか?」

 

男は答えた。

 

「この席はパリ行きだから、ロンドンに行きたいならエコミー・クラスに座った方がいいよ、と言ったんだ」

 

 

ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~