ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~

英語のジョークや冗談から秀逸なネタを選び、アレンジして日本語でご紹介。ブラックジョークやちょっぴりエロいアダルト系の小ばなしも含まれることをご了承ください。ユーモアは心の潤滑油。お気軽に、お楽しみください。

(今日のジョーク)砂漠とアラブ商人とアメリカ人

アラブの砂漠で、一人のアメリカ人の男が迷子になった。

 

男は、何時間も砂漠を歩き続け、のどが乾いて、倒れそうだった。

 

すると、砂漠の中に、ポツンと、屋台のような小さな店が見えた。

 

男は、必死にそこまで歩き、すがるように白い布を頭にかぶった店主に話しかけた。

 

男:「み、水をくれ!」

 

店主:「ここに水は無い。ネクタイはどうだ?一本、500ドル」

 

男:「こんなところでネクタイだって?しかも一本500ドル!アラブの商人はどうかしている。そんなものはいらない。今は、とにかく、水が飲みたいんだ。どこかに水が飲めるところはないか?」

 

店主:「あの小高い砂丘の向こうにレストランがある。で、本当にネクタイはいらないんだな?」

 

男:「ネクタイなんていらない。のどがカラカラで死にそうなんだ」

 

男は、必死に砂漠を歩き続け、とうとう砂丘の向こうに、高級レストランがあるのを見つけた。

 

男は最後の力をふり絞り、レストランの入り口にたどり着いて、叫んだ。

 

「な、中に、入れてくれ。水が飲みたい!」

 

男の声を聞いて、給仕が入口に現れた。

彼は、息も絶え絶えの男の姿を見ながら、答えた。

 

「ネクタイをしてない男は入れない」

 

 

ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~