ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~

ブラックジョークを含むアメリカンジョークを中心に、英語学習の合間に気晴らしで読んできた様々な英語のジョークから面白いネタを選び、日本人の感覚に合うようにアレンジして、日本語で紹介します。欧米の小ばなしにはそのようなものが多いため、ちょっとアダルト系のものも含まれることをご了承ください。笑いやユーモアは心の潤滑油。日常の中の気晴らしのページとしてお楽しみください。

(今日のジョーク)熟女のおっぱい診断

中年女性のベッキーは、大金を出し、一流の整形外科医の美容整形手術を受けた。

手術は成功し、彼女は見違えるほど若々しくなった。

 

退院したベッキーは、ウキウキした気分でドラッグストアに寄り、買い物をした。

レジで支払いをするとき、ベッキーは店員に向かって、尋ねた。

 

ベッキー:「あたしは、何歳だと思います?」

店員:「32歳くらいですか?」

ベッキー:「いいえ。44歳よ」

 

ベッキーは嬉しそうにそう答え、店を出た。

 

次いで彼女は、マクドナルドに寄った。

そして、カウンターでコーラとハンバーガーを注文したついでに、

店員に向かって、彼女は尋ねた。

 

ベッキー:「あたしは、何歳だと思います?」

店員:「えーっと、28歳くらいですか?」

ベッキー:「いいえ。44歳よ」

 

ベッキーはさらにウキウキした気持ちになった。

 

彼女は家に帰るため、バス停で帰りのバスを待った。

すると、後ろに一人のおじいさんが並んだ。

 

ベッキーは、そのおじいさんに向かって、また尋ねた。

「あたしは、何歳だと思います?」

 

おじいさんは、しばらく考え、こう答えた。

 

「私は、あなたの年齢を正確に当てることができます。ただし、そのためには、あなたの胸を触らせてもらう必要があります。よろしいですか?」

 

ベッキーは意外な答えに驚いた。

 

周囲には誰もいなかった。

彼女は、「いいわ」と返事をした。

 

おじいさんは、彼女のOKの返事にうなずいた。

 

彼は後ろから両手をベッキーの服の下に入れ、

彼女の胸と乳首を揉みはじめた。

次いで正面に回り、さらに入念に彼女の胸に触った。

 

そして、おじいさんは、口を開いた。

「あなたの年齢は44歳です」

 

ベッキーは驚いた。

「え!その通りです。どうして、わかったのですか?」

 

おじいさんは答えた。

「私はさっき、マクドナルドのカウンターで、あなたの後ろに並んでいたので」