ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~

ブラックジョークを含むアメリカンジョークを中心に、英語学習の合間に気晴らしで読んできた様々な英語のジョークから面白いネタを選び、日本人の感覚に合うようにアレンジして、日本語で紹介します。欧米の小ばなしにはそのようなものが多いため、ちょっとアダルト系のものも含まれることをご了承ください。笑いやユーモアは心の潤滑油。日常の中の気晴らしのページとしてお楽しみください。

(今日のジョーク)危険な犬

田舎の小さな雑貨屋の入り口に、次のような看板がかかっていた。

 

「危険!犬に注意」

 

クルマで旅行中の一人の男が、この店に立ち寄った。

 

男は入り口の看板を目にして、身構えて店に入った。

 

しかし、そこには、一匹の小さくて老いた犬が、床に寝そべっているだけだった。

 

男は棚から飲み物を手にすると、レジに行き、

店主に話しかけた。

 

男:「入り口にあんな看板がかかっていたから身構えたけど、小さくて年をとった犬がいるだけじゃないか。あんな犬が、どうして危険なのかね?」

 

店主:「それが、警告の看板を出すまで、みなさんあの犬に気がつかず、つまずいて転んでいたんです」。

 

 

 

ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~