ジョークの花園 ~面白いアメリカンジョークを日本語で~

ブラックジョークを含むアメリカンジョークを中心に、英語学習の合間に気晴らしで読んできた様々な英語のジョークから面白いネタを選び、日本人の感覚に合うようにアレンジして、日本語で紹介します。欧米の小ばなしにはそのようなものが多いため、ちょっとアダルト系のものも含まれることをご了承ください。笑いやユーモアは心の潤滑油。日常の中の気晴らしのページとしてお楽しみください。

宗教

(今日のジョーク)デビッドの最後

敬虔なカトリック教徒だったおじいさんが深刻な病気で入院した後のお話しです。

(今日のジョーク)神様のピザ

毎朝神様に祈りをささげている、信心深い田舎のおばあさんの話です。

(今日のジョーク)ナポレオン

新米の精神病棟の看護婦と患者の会話についてのジョークです。

(今日のジョーク)神様の救いを待つ男

神を信じ、毎日祈りをささげていた男が、災害に直面するお話しです。

(今日のジョーク)食い込んだドレス

日曜日に教会に行って両目にあざを作ってしまった男の話です。

(今日のジョーク)神父と3人の尼さん

3人の尼さんが通り過ぎるのをやり過ごそうとした神父についてのジョークです。

(今日のジョーク)ピカピカの教会

最近、下ネタが多かったので、今日はクリーンジョークを一本入れます。以前、カナダ人の知り合いとジョークについて話したとき、「ジョークは、ダーティジョークの方が絶対面白いよ」と言われて、激しく同意したのですが、そればっかりだと人間性疑われかね…

(今日のジョーク)キリストの奇跡と3人の男たち

キリストが現れ、3人の男に奇跡を施そうとします。さて、どういう展開になるでしょうか。

(今日のジョーク)宣教師の教え

アフリカの奥地にやってきた宣教師が1年過ごしたときに起きた出来事です。

(今日のジョーク)神様は誰?

アメリカの学校で、神様について生徒が先生に質問しています。

(今日のジョーク)ローマ法皇の決断

こんなの載せたらまた女性読者比率が減るかもしれないと思いながら、しばらく躊躇していたネタです。

(今日のジョーク)祖先

アメリカではいまだに進化論を否定しているひとがたくさんいるということを念頭に置いて読むと、結構味わい深いジョークです

(今日のジョーク)チャンス

幼稚園のカフェテリアで先生の話を聞いたポールがとった行動は?

(今日のジョーク)ロバ、イヌ、サル、人間と神

神はこの世を創り、そこに住む生き物たちを次々創ることにした。 手始めに神はロバを創り、こう伝えた。 神:「お前はロバという生き物だ。日の出から夕暮れまで働き、重い荷物を載せて運び、草を食べ、知性は少なめで、50年生きる」 ロバ:「神様、せっかく…

(今日のジョーク)教祖と弟子

新興宗教の勧誘のために街はずれに立つ教祖と弟子の話です。

(今日のジョーク)小さな教会での懺悔

戦争の傷跡を背負った老人が教会にやってきました。

(今日のジョーク)懺悔(ざんげ)の中身

欲望を抑えられなかった医者のジョーク

(今日のジョーク)墓場の散歩

墓場と幽霊と神を題材にしたちょっとだけホラーなジョーク

(今日のジョーク)おやすみタイム

教会のジョーク。